上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)が2部作となっているニューアルバムのVol2からの先行ファーストシングル"Take Back the Night"のミュージックビデオをドロップ。





11月にリリースされるパート2であるニューアルバム"The 20/20 Experience: 2 of 2"からのニューシングル"Take Back the Night"はマイケル・ジャクソンの初期の頃、あるいはジャクソン5の頃のサウンドと似ていると評判だが、ミュージックビデオのJTのムーブもMJ風で明らかにMJへのオマージュっぽい。


この曲名については、女性に対する暴力(レイプ)撲滅運動の同名のチャリティ団体"The Take Back the Night"がロイヤルティ侵害で訴訟を検討していると発表し物議を醸していたが、

JT側は

「同名のチャリティ団体があるのは知っていた。この機会に、僕の曲も歌詞もこの団体とは何も関係ないことを知らせておきたい。この件でThe Take Back the Night団体をさらに知ることになり、その女性に対する暴力撲滅運動の内容に感動した。我々は全員がこれに立ち上がるべきだ。これを機会にこの運動への啓蒙になればと願っている」

とのコメントを発表している。


同チャリティ団体は、「普通はこの名前を使う時は許可を求められるのに無断で使われショックを受けている。今やウイキペディアで"Take Back the Night"を検索すると別の意味が出てくるようになってしまった。運動の役に立っていない」と主張している。



-------------------------------------------------
Twitterではブログで紹介しきれないゴシップも更新してます♪Follow Me!

Follow hashbrownharst on Twitter




関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
任意のパスワードを入力してください
設定しておくと後でコメントの編集が出来ます
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 



ニッセン






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。