上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



lady-gaga-sxsw-031314-01.jpg


レディ・ガガ(Lady Gaga)が先週、フェスティバルのコンサートで嘔吐アーティストからゲロを浴びるパフォーマンスをして「気持ち悪い」「やりすぎ」などの批判を浴びているが、この件についてその嘔吐アーティストが反撃している。


レディ・ガガは先週木曜日のSXSWフェスティバルでのパフォーマンスで観客に向かい、

「今週はずっと楽しく過ごしていたの。シャワーも浴びていないのよ。今週ずっと飲んでいたの。そしてずっと食べていたの」

と言い、繋がったソーセージを投げ込んだりビールを観客に浴びせるなどのパフォーマンスをしていた。


その後、"Swine"のパフォーマンスでは嘔吐アーティストのミリー・ブラウンをステージに呼び、彼女がグリーンの液体を飲み、それを口に指を突っ込み吐き出し白いエプロンをかけたガガのボディに浴びせるというショッキングなパフォーマンスを行った。

lady-gaga-sxsw-01.jpg


これには、「気持ち悪い」「いくらなんでもやりすぎ」「摂食障害を美化することになる」などの大バッシングを浴び、

摂食障害の治療を受け闘病していたデミ・ロヴァート(Demi Lovato)もこのパフォーマンスについて

「悲しいわ、、、まるで摂食障害を美化する人がまだ足りないかと言わんばかりだわ。ボトムラインはね、あれは全然クールでもアートでもないということ」

とツィートしていた。


この大バッシングについて当の嘔吐アーティストのミリー・ブラウンが、ロヴァートのツィートに対して

デミが昨年ツイートした

「今にち、人々がアーティストに批判的過ぎると思うわ。アーティストはそれぞれのやり方でやりたいように自分を表現する権利があるわ」

というスクリーンショットを引用し

「それなのにガガをバッシングするの?」

と反撃した。

「私は表現の自由を絶対的に信じています。アートと美への認識へチャレンジする。アートがその人のコミュニケーションの手段ならセンサーされるべきではないと思う」

つ付け加えていた。

ガガのパフォーマンスビデオはこちら↓



表現の自由は勝手ですが、気持ち悪いものは気持ち悪い。それを観客への予告なしに見せるのはいかがなものかと、、、

それに嘔吐は胃酸で体や歯に害をもたらすと言う警告もまず伝えていただきたいものです。


こんな"アート"も持ち出すなんて最近はガガたんのショックバリューもネタ切れ感が漂ってますが


lady-gaga-sxsw-031414-01.jpg
"I don't care"

とか言ってそうなガガたん(笑)



-------------------------------------------------
Twitterではブログで紹介しきれないゴシップも更新してます♪Follow Me!

Follow celebdailyjp on Twitter






関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
任意のパスワードを入力してください
設定しておくと後でコメントの編集が出来ます
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 



ニッセン






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。